michikusa days

道草、より道だらけだけど、小さなしあわせあるといい。これまでの思いや、最近の暮らし。季節を感じたり、創ることがしたい。農業のことや移住のこと。

祝福

苦しかったりへこたれそうだったり誰にも伝わらなかったり

生きていくのに必死で、泣いている暇もなかったりとか

けれど、世の中そんなことだらけだ

今ここにあるいのちに感謝しよう

自分を祝福しよう

 

誰かを想ったり、祈ったり

そんな思いの中で、ひとはきっと生かされている

そんな思いに、守られて

また一歩、踏みだすことができるのだろう

 

誰かひとりがくれる、深さや優しさ、きれいなこころが

ひとりぼっちのこころに寄り添う、光になってくれる

 

ありがとうって、もらった優しさをぎゅっと、抱きしめたから

あゆんでいこう

 

 

f:id:kokoronihana8:20160829014552j:plain

広告を非表示にする