michikusa days

道草、より道だらけだけど、小さなしあわせあるといい。これまでの思いや、最近の暮らし。季節を感じたり、創ることがしたい。農業のことや移住のこと。

誰かへの手紙

旅をしてきた

とは言っても、そんなに旅はしていなくて、海外にも行ったことがなくて内面のお話のこと。

誰かへの手紙

とにかくぐるぐるぐるぐる、進まない道をたどって生きてきた。不毛で徒労で、いつまでも迷路で。けれどそういうことは、だいたいはみんな同じなのだと思う。順調そうに、楽そうに見えても、自分を輝かせて生きている人は少なからず大変なことを乗り越えたり…